山﨑努

映画「キツツキと雨」で大物俳優・羽場役を演じた山﨑努は、映画の世界だけでなく、現実世界でも日本を代表する大物俳優として知られています。ただ座っているだけでも非常に迫力のある人物で、その存在感は日本映画に無くてはならない物となっています。

プロフィール

1936年12月2日生まれ。千葉県東葛飾郡松戸町(現在の松戸市)出身。東京都立上野高等学校を卒業後、俳優座養成所を経て、1959年に文学座に入団します。1963年に文学座を退団し、劇団雲の結成に参加。1975年の劇団雲の分裂を機にフリーとなります。映画デビューは1960年で、岡本喜八監督作品の「大学の山賊たち」でした。1963年には、黒澤明監督作品の「天国と地獄」で誘拐犯・竹内銀次郎役を、1965年には同じく黒澤作品の「赤ひげ」で佐八役を演じ世間の注目を集めます。その後はテレビドラマや舞台にも活躍の場を広げました。1984年の「お葬式」から「タンポポ」「マルサの女」と、「マルサの女2」からその位置を津川雅彦に代わるまで伊丹十三監督作品に連続出演しました。近年の映画では2001年の「GO」、2004年「世界の中心で、愛をさけぶ」と行定勲監督作品に連続して出演し、鍵を握る役どころを演じました。CMにも多く出演しており、サッポロ黒ラベル、日本長期信用銀行、約12年に渡ってイメージキャラクターを務めたトヨタ自動車「クレスタ」のCMが有名です。クレスタは実際に山﨑が愛車として使用していました。トーク番組などのバラエティには「徹子の部屋」などの例外を除き、ほとんど出演しません。俳優の竹中直人がホストを務めるTBSラジオ「竹中直人ハードボイルド・ソーセージ」に、2008年1月27日放送分から4回にわたりゲスト出演した際には、「こういうのが苦手で、今回もどうしようかと思ったけど、竹中さんのご指名なので馳せ参じました。」と語り、竹中を慌てさせました。役に対しては「一つの役を何度も演じていると飽きてしまうから」という理由で、同じ役柄は二度と演じないというポリシーを持っています。これまで多くの映画・ドラマに出演しており、その功績が認められて、2000年には紫綬褒章を受章、2007年には秋の叙勲で旭日小綬賞を受賞しています。

受賞歴

日本アカデミー賞

  • 1984年 最優秀主演男優賞
  • 1987年 最優秀主演男優賞
  • 2001年 最優秀助演男優賞
  • 2008年 最優秀助演男優賞

ブルーリボン賞

  • 1984年 主演男優賞
  • 2001年 助演男優賞

キネマ旬報賞

  • 1984年 主演男優賞
  • 1980年 助演男優賞
  • 2001年 助演男優賞

毎日映画コンクール

  • 1984年 男優主演賞

報知映画賞

  • 1980年 助演男優賞
  • 2001年 助演男優賞

その他の賞

  • 2001年 日刊スポーツ映画大賞・助演男優賞
  • 第16回紀伊国屋演劇賞
  • 紫綬褒章
  • 旭日小綬賞

主な出演作

  • 1960年「大学の山賊たち」
  • 1960年「地の涯に生きるもの」
  • 1961年「東京夜話」
  • 1962年「その場所に女ありて」
  • 1962年「明日ある限り」
  • 1962年「娘と私」
  • 1962年「雪の降る街に」
  • 1962年「おへその大将」
  • 1963年「天国と地獄」
  • 1963年「五十万人の遺産」
  • 1963年「太陽は呼んでいる」
  • 1963年「女の歴史」
  • 1964年「恐怖の時間」
  • 1964年「悪の紋章」
  • 1965年「肉体の学校」
  • 1965年「赤ひげ」
  • 1965年「姿三四郎」
  • 1965年「香港の白い薔薇」
  • 1965年「悪の階段」
  • 1966年「愛の手紙は幾歳月」
  • 1967年「あかね雲」
  • 1969年「続・男はつらいよ」
  • 1970年「富士山頂」
  • 1971年「顔役」
  • 1971年「人間標的」
  • 1972年「黒の奔流」
  • 1972年「女生きてます 盛り場渡り鳥」
  • 1975年「新仁義なき戦い 組長の首」
  • 1977年「八つ墓村」
  • 1978年「皇帝のいない八月」
  • 1979年「その後の仁義なき戦い」
  • 1979年「夜叉ヶ池」
  • 1980年「影武者」
  • 1980年「地震列島」
  • 1981年「スローなブギにしてくれ」
  • 1982年「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」
  • 1982年「ダイアモンドは傷つかない」
  • 1982年「道頓堀川」
  • 1984年「さらば箱舟」
  • 1984年「お葬式」
  • 1985年「タンポポ」
  • 1987年「マルサの女」
  • 1989年「ハリマオ」
  • 1989年「舞姫」
  • 1989年「利休」
  • 1991年「泣きぼくろ」
  • 1993年「僕らはみんな生きている」
  • 1993年「水の旅人 侍KIDS」
  • 1994年「女ざかり」
  • 1995年「静かな生活」
  • 1998年「Bautiful Sunday」
  • 1998年「あ、春」
  • 1999年「サラリーマン金太郎」
  • 2001年「天国から来た男たち」
  • 2001年「女学生の友」
  • 2001年「Go!」
  • 2001年「GO」
  • 2002年「模倣犯」
  • 2002年「刑務所の中」
  • 2003年「13階段」
  • 2004年「死に花」
  • 2004年「世界の中心で、愛をさけぶ」
  • 2006年「雪に願うこと」
  • 2007年「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」
  • 2008年「映画 クロサギ」
  • 2008年「クライマーズ・ハイ」
  • 2008年「おくりびと」
  • 2009年「ラーメンガール」
  • 2009年「こおろぎ」
  • 2009年「カムイ外伝」
  • 2010年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
  • 2012年「麒麟の翼~劇場版・新参者~」
  • 2012年「はやぶさ 遥かなる帰還」
  • 2012年「キツツキと雨」
  • 2013年「藁の楯」
  • 2013年「奇跡のリンゴ」

任侠映画からコメディー映画まで

山﨑さん出演作のなかで断トツで好きなのが「刑務所の中」という映画です。銃刀法違反で捕まった主人公が3年の刑期を終えるまでの刑務所での生活を描いた作品で、山﨑さんは主役のハナワを演じています。それまで任侠映画などでコワモテの印象が強かった山﨑さんが、この作品では一転してコミカルな主人公を演じています。山﨑さんの演技もさることながら、映画自体も全編通して独特の雰囲気があり、面白いのでオススメです。最近ではやはり「おくりびと」が強く印象に残っています。アカデミー賞外国語映画賞を受賞したことで話題になった作品なので、ご覧になった方も多いと思いますが、温かい気持ちになれるいい作品でした。今年公開の「藁の楯」も作品自体は面白くなかったものの、山﨑さん演じる蜷川の存在感は、やはり大物俳優だけあるなと感じさせるものでした。76歳と高齢ですが、生涯現役で素晴らしい作品を作り続けてほしいです。