ドラマ|心の傷を癒すということの見逃しフル動画配信を無料視聴する方法まとめ

柄本佑主演の2020年冬のNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」に関する情報まとめです。

心の傷を癒すということの全話がポイント視聴できる

\おすすめ動画配信サービス/

動画配信
サービス
配信
状況
配信
形式
無料
お試し
NHKオンデマンド
見放題 月末まで

\今すぐ動画をポイントで視聴

NHKオンデマンドのお試し体験はこちらから

NHKオンデマンドは、U-NEXTを通すと31日間の無料お試し期間で使うことができます。

そして、NHKオンデマンドは初回登録でもらえるU-NEXTポイントで購入できるので、実質無料で「心の傷を癒すということ」を視聴できます。


  1. NHKオンデマンドの特選見放題パックならNHKの名作ドラマやドキュメンタリーなど約7000本が見放題!朝ドラや大河ドラマも1話から見放題です♪
  2. 見逃し見放題パックなら最近2週間の人気番組の見逃し配信が見放題!
  3. 毎月もらえるU-NEXTの無料ポイント1200円分を使ってNHKオンデマンドが毎月実質無料!

ドラマ|心の傷を癒すということの最新話見逃し配信と再放送情報

「心の傷を癒すということ」の最新話を無料で見逃し配信しているサービスはありません。

ただし再放送はされます。

再放送日は、本放送された翌木曜日午後2時からです。

各話の本放送予定と再放送予定を表にまとめました。

話数 本放送日時 再放送日時
第1話 1月18日(土)21:00〜21:49 1月23日(木)14:00〜14:50
第2話 1月25日(土)21:00〜21:49 1月30日(木)14:00〜14:50
第3話 2月1日(土)21:00〜21:49 2月6日(木)14:00〜14:50
第4話 2月8日(土)21:00〜21:49 2月13日(木)14:00〜14:50

再放送を見逃した場合は、U-NEXTの無料お試しを使って、NHKオンデマンドで視聴するのがおすすめです。

NHKオンデマンドの無料お試しはこちらから

動画共有サイトでの心の傷を癒すということの動画アップ状況調査

主要な動画共有サイトでの心の傷を癒すということの検索結果リンクです。

動画共有サイト利用の注意点
Youtube以外の動画共有サイトに違法アップロードされた動画の利用は、ウイルス感染やフィッシングのリスクがあります。可能な限りご利用を避けることをオススメします。
ご利用の際は自己責任でご視聴ください。

ドラマ|心の傷を癒すということの各動画配信サービス配信状況一覧

ドラマ「心の傷を癒すということ」をネット配信中の動画配信サービスと配信状況を予想しました。

17サービス中、2サービス(レンタル:1、見放題:1)で配信されることになりそうです。

下の表は横にスクロールできます。

動画配信サービス 配信有無
配信対象
無料期間
初月P
税込月額
毎月P
見放題本数
公式サイト

定額見放題
月末まで
990円
U-NEXTポイントで購入可能

U-NEXT ユーネクスト
レンタル
31日間
600P
2189円
1200P
約1.8万

FODプレミアム ×
2週間
900P
976円
900P
約4千

hulu フールー ×
2週間
1026円 約4.5千

dtv ×
1ヶ月
0P
550円
0P
約12万

tsutaya tv ツタヤtv ×
30日間
1100P
2659円
1100P
約1万

dmm見放題chライト ×
1ヶ月
550円 約8千

ゲオTV ×
14日間
980円 約2.2万

music.jp ×
30日間
1600P
1958円
4958P
レンタルのみ

×
〜初月末
550P
550円
550P
約2.5万

dアニメストア ×
31日間
440円
約3千

amazon prime video アマゾンプライムビデオ ×
30日間
500円 約9千

クランクインビデオ ×
14日間
3000P
1650円
3000P
不明

×
無料期間無
880円
未公開

videopass ビデオパス ×
30日間
540P
618円
540P
約1万

abematvアベマ ×
2週間
960円
未公開

paravi パラビ ×
2週間
1017円
未公開

※この配信状況は2020年1月時点の情報です。

ドラマ「心の傷を癒すということ」は放送翌日からNHKオンデマンドで見放題配信されます。

配信期間中なら見放題で視聴できます。

NHKオンデマンドでドラマ|心の傷を癒すということを無料視聴する手順

NHKオンデマンドは、U-NEXTを通すと31日間の無料お試し期間で使うことができます。

そして、NHKオンデマンドはU-NEXTポイントで購入できるので、実質無料で視聴できるのです。

 

NHKオンデマンドの契約には2種類のパックがあります。

  1. 放送終了後、2週間以内の番組を視聴できる「見逃し見放題パック
  2. 放送終了後2週間以上経過した番組を見ることのできる「特選見放題パック

  • 直近の2週間分の放送を視聴したい場合は、「見逃し見放題パック」を選んでください。
  • 2週間より前の放送をまとめ視聴したい場合は、「特選見放題パック」を選んでください。

期間中にパックの切り替えはできないので、ご注意ください。

\今すぐ動画を視聴

NHKオンデマンドのお試し体験はこちらから

ドラマ|心の傷を癒すということ作品情報

基本情報

放送局 NHK
放送時間 土曜日 21:00〜
主演俳優 柄本佑
キャスト 柄本佑
尾野真千子
石橋凌
キムラ緑子
森山直太朗
上川周作
濱田岳
趙珉和
濱田マリ
清水くるみ
谷村美月
内場勝則
紺野まひる
浅香航大
平岩紙
近藤正臣
スタッフ 作 – 桑原亮子
音楽 – 世武裕子
制作統括 – 城谷厚司
プロデューサー – 京田光広、堀之内礼二郎、橋本果奈
演出 – 安達もじり、松岡一史、中泉慧
制作 NHK大阪放送局
公式サイト
Wikipedia
Twitter
Instagram

ドラマ|心の傷を癒すということイントロダンクション

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となりました。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」が描かれる。

主人公の精神科医・安和隆を柄本佑さんが演じ、妻役に尾野真千子さん、親友役に濱田岳さん、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗さんが決定しました。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマ。
(引用:NHK)

ドラマ|心の傷を癒すということへの期待の声

2020年NHKの冬ドラマ「心の傷を癒すということ」への期待の声をまとめました。

40代女性
阪神・淡路大震災を題材とされているという事で、実際に経験した者として、興味を持ちました。
当時私は、大阪府内に住んでいたので、大きな揺れだけで済みましたが、そんな私でも、あの日起った全てを今でも覚えています。
職場には、伊丹に住んでいる方が居たのですが、数日連絡が取れず社長が歩いて現地まで迎い、無事を確かめました。(建物はほぼ全壊)
大きな被害のなかった私でさえ、未だに忘れていないと言う事は、実際、火事にあったり大切な人を亡くした被災者の方々の心の傷はどう変化してどう癒えて行ったのか。
精神科医の先生は、どう向き合い寄り添われたのか。
私自身にも問いかけながら、ドラマを拝見したいと思います。
40代女性
実在した精神科医・安先生がモデルとのことでこの冬一番期待しているドラマ。本も読みましたが、阪神大震災で自らも被災しながらも、被災者の心のケアに尽力された安先生をどのように描くのか、とても興味があります。安先生役が演技力のある柄本佑である点も魅力。
30代女性

心の傷を癒すということに焦点を当てていることが既に興味を惹かれます。実際の話を基にして作られているドラマなので、災害が多い昨今に、どう心の傷を癒していったらいいかということのヒントになるような番組であってほしいです。

40代女性

阪神淡路大震災後にPTSDという診断名を定着させた神戸の医師の実話を描いたドラマ。演技派の柄本佑さん、尾野真千子さんが夫婦役で出演されるということでキャストだけでも十分期待できる作品です。医師役を演じる柄本さんがしっかりと患者に寄り添う姿を見せてくれると思います。

30代女性

阪神・淡路大震災のときの、被災者と心をつながる精神科医の話らしいので、すごく観たくなりました。人には、大小かかわらず心に傷があると思っています。古いもの、新しいものも含めて。それらをどうやって癒すのか、気になります。シンガーソングライターの森山直太郎さんがNHKドラマに、初出演なのも個人的にとても注目しています。

ドラマ|心の傷を癒すということ各話の情報

第1話「神戸、青春の街」

放送日:2020年1月18日(土)21:00

第1話のあらすじはここをクリック
ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春を謳歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け……。そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。
(引用:NHK)
第1話のネタバレはここをクリック
人の心の痛みをさっと取り除くことができたら…。人間にはできない.ぼくにできることはなんだろう?10歳の和隆と兄と弟と母、朴里美の鏡台の中から、母の外国人登録書を見つける。母は、自分も、父、安哲圭も、子供たちも韓国人であることを告げる。安田という名前は、日本で、色眼鏡だ見られないようにするためだという。 高校生になった安和隆(柄本佑)兄、安智明(森山直太朗)は、原子力の学者を目指すことをいうと、父は、うれしそうにしている。 和隆(榎本佑)は、親友の湯浅浩二(濱田岳)に自分は、在日韓国人だと告白する。2人で、、は、医学部を目指していた。晴れて、2人とも医学部に合格し、ジャズも始め、ジャズバーで演奏をしていた。高校生のころからあこがれていた日本を代表する精神科の権威東野良夫(近藤正臣)の講義をはじめて受ける。一人で映画を見に行くと、映画を一人で見に来ている女性終子(尾野真千子)に話しかけられて、親しくなる。学校の帰りにバスに乗り込む虚妄とする終子を見かけ追いかけて、バスに乗り込む。 父に、精神科に進むことを告げると、父と言い合いになる。 ジャズ喫茶で、父への思いをピアノにぶつけて弾いていると、終子が訪れる。終子に在日だと告げると、自分も在日だという。 人間の心が知りたいから、精神科に進みたいと東野に告げる。終子との付き合いも始まる。 病院に勤務するようになると、終子と結婚し、女の子が生まれる。1月17日の朝親子で寝ているところで一話終わる。
第1話の感想はここをクリック
30代男性
恥ずかしながら安克昌さんの存在はこのドラマで初めて知りましたが、阪神淡路大震災以前から在日韓国人というルールに自問自答しながらも、患者さんの心のケアに奮闘する様子には心を打たれました。神戸という街を舞台に友人や尊敬する先生、そいて終子さんとの出会いを含めて、当時としてはまだニッチなジャンルだった精神科医の重要性にいち早く認知しながら、一歩ずつ周囲の理解を得ようと奮闘する様子には心を打たれましたし、柄本佑さんはじめ役者さんの心のこもった渾身の演技には拍手を送りたい。
40代女性
車いすでピアノに向かっていた先生だけ度、若い時は元気にしていた。なにかあったのかなあと思わせるオープニングだったね。
優しい声の語り口が素敵だなと思った。精神科医をなんだかわからない仕事と反対する父は少し横暴だと思った。安と言う美代次を積極的に使っている和隆が素敵と思った。
仲よさそうな素敵な夫婦の姿がうらやましくもある。
30代男性
週末に見るのにちょうど良い、家族とは何かを考えさせられるドラマだと思いました。安一家が在日であることを隠しながら生きている様子や主人公である和隆がそれが嫌で苦しんだ幼少期を過ごしたこと、父親に期待されず生きてきたこと、など様々な面での切り口がありました。家族とは何か、アイデンティティとは何かを改めて考えるきっかけになるドラマだと感じます。
30代女性
初回はどの番組も内容が掴めないような微妙な展開のものが多いけれど、この「心の傷を癒すということ」というドラマはゆっくりとしたらスタートで始まったので、内容が理解しやすかった。
自分もいつ震災にあうか分からないのでこういった経験をした人のドラマだと考えさせられ、今ある幸せを大事にしようと改めて思いました。
また自分も子供がいるので涙が出そうになるシーンもあり、ぎゅっと胸が締め付けられる場面もありました。

第2話「神戸、青春の街」

放送日:2020年1月25日(土)21:00

第2話のあらすじはここをクリック
大地震が起きてすぐ、安和隆(柄本佑)は勤務先の病院に向かう。そこで目にしたのは野戦病院さながらの光景だった。自分の無力さを痛感した和隆は、避難所を回りながら、精神科医として自分にできることは何かを模索し続ける。そんな中、旧知の新聞記者から「震災を内側から書いて欲しい」とコラムの連載の依頼を受け……。心の傷に苦しむ被災者に寄り添う日々が続く一方、和隆の実家では父・哲圭(石橋凌)の事業が傾き始める。
(引用:「心の傷を癒すということ」公式ページ
第3話の感想はここをクリック
30代女性
震災後にどの様に皆が過ごしてきたのか知って、今生きていることがこんなに幸せなんだなと思うともっとちゃんと日常に向き合わないと駄目だなと思いました。避難所での生活は不便なことが多いと思うし、余震が起これば怖いし、そこから立ち直る人々の姿を見て勇気を貰いました。震災後起こってからだと、不自由なことが多いので、自分が出来ることは準備しておこうと思いました。
40代女性
震災に会って実家に行った奥さんは、平気なんだけど、一人だけ怖がったりすることに苦しい思いをする。
一緒に神戸へ帰っちゃう。その選択って、正しいのかなあ。夫と離れて寂しいのは分かるけど、
安全第一、特に子供がいるんだから。とおもってしまった。
奥さんが倒れたら仕事放り出して帰る先生。愛だなあ。人間だもん当然だよね。
30代女性
阪神淡路大震災がどれだけひどかったものなのか当時小さかった自分がそれをわかるすべはないけれど、関東大震災でもなんでも被災地にいる救急隊や消防隊、自衛隊や医師に看護師は自分たちも被災者にもかかわらず身を粉にして自分たちの使命といわんばかりに助けてくれる。家族や大事な人を亡くしているかもしれない、そんな中周りを助けようと動いている、何よりケアが必要なのはそういった人たちではないだろうかとそう感じる
30代男性
安先生が避難所の被災者の方に向き合う姿が感動的でした。特に印象的だったのは少年とのやりとりです。少年たちが地震ごっこを始めてしまったのをきっかけに周りの大人が怒り出しますが、それを仲裁し場を収めました。そこから大人達の考えも変わり、避難所に子どもの遊び場を作るシーンは胸を打たれました。心が洗われるような素敵な作品だと感じました。

第3「見えない命綱」

放送日:2020年2月1日(土)21:00

第3話のあらすじはここをクリック
震災から2か月。急速に街の再建設が進んでいく神戸。その一方で、多くの被災者が復興から取り残されていた。心の傷に苦しむ人々に寄り添い続ける安和隆(柄本佑)の前に、精神疾患を抱えた患者・片岡心愛(清水くるみ)が現れる。診察の結果、片岡の中には複数の人格が同居していることがわかる。治療に全力を尽くす和隆だったが、父・哲圭(石橋凌)の事業が破綻したことを知り…。
(引用:「心の傷を癒すということ」公式ページ
第3話のネタバレはここをクリック
和隆が 湯浅(濱田岳)病院の再建が始まる。春子を抱っこしながら、電子オルガンを弾く和やかな時間を過ごす和隆。避難所で気になる人がいると校長が言う。片岡心愛(清水くるみ)避難所で、頭が痛い突き刺されているみたいでと訴える。震災の前に和隆は、あったことがあるような気がする。急に、片岡が倒れる。仮説当たったんか?急に、人が変わったようにさけもないとこで、やすめるかいな!といい出ていく片岡。仮設住宅で、夜泣きがひどくて、周りに気を遣う梓(紺野まひる)。日報新聞社文化部の記者谷村が和隆の連載をいずれ、本にできたらという。片岡のカウンセリングを始める。片岡は、父親に子供のころ万引きを強要されていたことがわかる。 玄関にうずくまり申しません許してママと泣き出す片岡。疲れ果てて帰ってくる和隆。終子を抱きしめながら、寝てしまう。次の昨日のことを覚えていない片岡。多重人格であることを片岡に伝える。あまりにつらいことがあって、つらいことを引き受けてくれる子を生み出すことを伝える。頑張ってとか、復興という言葉に言葉が動かないと、ジャズ喫茶のママにつぶやく和隆。片岡が、周りを気にして、行く当てもないが、避難所を出ていく。自分が弱いから、こんな病気になったのかと、片岡が聞く。生きる力が強いからそうなったと和隆はいう。出ていく片岡が、心配だが、強制は、できない。体は、元気でも心がついていかない人々。震災から一年、和隆と、終子の間に2人目が授かっていた。人間は、傷つきやすい。これからどうなっていくのか?和隆の父哲圭(石橋凌)の具合がよくない。和隆が、父を気遣うが、強気にはねのける父。少し足しにしてとお金を渡す、和隆。湯浅の病院が、完成する。病院に片岡が、受診に来る。連載が、本になったので校長に持っていく和隆。地震から2年フロンティア学芸賞という賞を「心の傷をいやすこと」の本で受賞する。震災のことで、賞をもらったことで恐縮する和隆だが、いい本だと、恩師の永野良夫(近藤正臣)実家に行くと、家の家具が、なくなってがらんとしている。お金がなくて、処分した。父が、寝ている部屋に行くと、作家になる夢がかなったんやなと言われる。寝室のよく見えるところに和隆の賞状を飾る。若い時休むままなく働いて、社会のためになってやると頑張ってきたのに全部なくしてしまった、寛仁やでと、和隆に本音を話す。和隆も小さいとき勝手にせいと言われたとき見放されたきもちになったと和隆も本音を話す。一人、仮設住宅で暮らす校長のところに、おすそわけとたっぱに入った、総菜を渡される。人の温かさに触れ涙が出る。生きる気持ちがわいてくる。父が亡くなる。2000年になる。和隆は、一人一人が、尊重される世の中を作りたいと思う。
第3話の感想はここをクリック
30代男性
冒頭の安先生の兄が大学の講義をしている部分が感動しました。安先生の偉大な仕事、そして震災後の中、教壇でそれを語る兄の姿にグッときました。週末に、ゆっくりと見られる心温まるドラマだとつくづく感じました。
40代女性
医師って仕事も大変だなあ。辛い人をたくさん見ていてたら心が辛いことだってあるよね。でも励ましていかなきゃいけない。多重人格って災害でもなるんだね珍しいことじゃないのかな。亡くなってしまう父との最後の対話は良かった。
40代女性
阪神淡路大震災を経験した身として、始まる前からとても興味を持っていました。前回まではゆっくり時間が流れていましたが、今回は時間経過が早すぎて、出来事も一気に詰め込まれた印象でした。多重人格や先生の鬱をもう少し丁寧に描いて欲しかったです。
50代女性
近藤正臣や柄本佑、、ハデではないけど味があるキャスティングで、見ごたえのあるドラマですね。
賞をもらって戸惑う安藤先生。またまだ被災者は救われてないのに。先が見えないとはつらいことです。それでも少しづつ前に進んでいくんですよね。
40代女性
神戸の震災後の様子をとても丁寧に、温かい部分と厳しい現実をきちんと描かれていると、第1話から3話を通して感じています。濱田岳演じる医師の病院債権のエピソードから、少しずつ復興していく様子や心の変化が、特にひしひしと伝わってきました。どの役者さんも温かみがある演技なのも、見ごたえの1つです。

第4「残された光」

放送日:2020年2月8日(土)21:00

第4話のあらすじはここをクリック
震災から5年がたち、神戸の街は徐々に復興を遂げつつあった。新しい病院に移り、精神科医として理想の医療に燃える安和隆(柄本佑)。そんな中、和隆にがんが発覚する。仕事を中断して治療に専念するか、病を抱えながらも患者に向かい続けるか、選択を迫られる。自然治癒率は500分の1。幼い二人の子どもを抱えながら、身重の妻・終子(尾野真千子)と共に有効な治療法を探す和隆は、ついに「心のケア」の本質にたどり着く…。
(引用:「心の傷を癒すということ」公式ページ
第4話のネタバレはここをクリック
震災から、5年たった。和隆は、新しい病院に移り、理想の医療に向かって張り切っていた。そんな中、和隆は、がんであることがわかる。3人目の子を身ごもっている終子には、心配をかけたくない和隆、胃腸炎とかすぐ治る病気やと思うというが、本当のことを打ち明ける。生きることをあきらめたくないという。うちに帰ったら、泣けないだろうから、病院で、思い切り泣いて帰りと、和隆は、終子に言う。少しづつ、具合の悪くなる和隆。子供たちとの時間も、一瞬、一瞬を大切に感じる和隆。「心のケアって、なんかわかった。誰も、一人ぼっちにさせんことや」と言う。和隆が、赤ちゃんの名前を決める。「きっとこの子は、僕と、終子の世界を明るくしてくれる、灯。早く会いたいわ」和隆は、39歳の若さで亡くなる。身重のの終子は、タクシーの中で、和隆からの手紙を読む。葬儀の後、ジャズ喫茶で、ジャズ仲間や、恩師が、和隆を偲んでジャズを聴く。和隆の本読んで、高校生の子が精神科を目指す。終子が、和隆がなくなってから、なかなかこれなかったジャズ喫茶を訪れる。大きくなった、灯をママが、見つめる。終子は、子供たちと一緒にルミナリエを歩く。子供たちの成長をうれしく思いながらも、和隆がいないことをさみしく思う。
第4話の感想はここをクリック
40代女性
神戸の街とともに、安和隆という1人の医師の人生を見せてもらい、満足しています。心のケアについて、改めて考えさせられるきっかけとなったドラマでした。ラストシーンのルミナリエの灯りが、今だに目に焼き付いています。
40代女性
実話だと分かっていましたが、安先生が段々具合が悪くなっていくのを見るのは辛かったです。
『心のケアとはひとりぽっちにしない事』ってとても良い言葉だと思いました。
とても良いドラマだったので、出来れば4回で終わりでは無くて、もう少し回数を増やして欲しかったです。
50代女性
震災から5年が過ぎ、安先生が新しい赴任先で心のケアに本格的に取り組み始めた矢先に癌が見つかり、すでに手遅れだったのがとてもショックでした。
まだ三十代後半でやりたいことも沢山ありながら病気への不安、怒り、悔しさに耐え、妊娠中の奥さんをどこまでも優しく気遣う姿に涙が止まりませんでした。
ドラマの一番最後に、神戸のルミナリエを安先生の実のお子さん三人が後ろ姿で仲良く歩いている演出も良かったです。
安先生が徹頭徹尾、忍耐強く優しくて癒しそのものの存在で、圧倒されました。見てよかったです。

NHKオンデマンドの無料お試しはこちらから

 
月曜日のドラマ
絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜
やめるときも、すこやかなるときも
病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
100文字アイデアをドラマにした! 今夜はコの字で
火曜日のドラマ
恋はつづくよどこまでも
10の秘密
SEDAI WARS(セダイウォーズ)
水曜日のドラマ
DASADA
来世ではちゃんとします
僕はどこから
知らなくていいコト
木曜日のドラマ
ホームルーム
連続殺人鬼カエル男
ゆるキャン△
ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~
ケイジとケンジ所轄と地検の24時
アライブがん専門医のカルテ
金曜日のドラマ
大岡越前5
ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~
絶メシロード
コタキ兄弟と四苦八苦
女子高生の無駄づかい
病室で念仏を唱えないでください
駐在刑事シーズン2
土曜日のドラマ
悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜
心の傷を癒すということ
伝説のお母さん
この男は人生最大の過ちです
アリバイ崩し承ります
トップナイフ ―天才脳外科医の条件―
ハイポジ 1986年、二度目の青春。
大江戸スチームパンク
パパがも一度恋をした
日曜日のドラマ
麒麟がくる
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
テセウスの船
贋作男はつらいよ
その他のドラマ