ドラマ|知らなくていいコトの見逃しフル動画配信を無料視聴する方法まとめ

吉高由里子主演の2020年冬の日本テレビ水曜ドラマ「知らなくていいコト」 の見逃し動画配信に関する情報まとめです。

※情報最終更新日は2020年2月5日です。最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

ドラマ「知らなくていいコト」はhuluで全話見放題!

動画配信
サービス
配信
状況
配信
形式
無料
お試し
hulu フールー
hulu

見放題 2週間

 

huluの無料お試し体験はこちらから

huluには2週間の無料お試し期間があります♪

「知らなくていいコト」の第1話から最新話までの全ての動画を2週間見放題で無料視聴できますよ ^^

「知らなくていいコト」の見逃し動画を無料視聴

ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し動画を無料視聴する方法は大きく分けて下の2つ。

  • huluなどの動画配信サービスを使う方法
  • Tverなどの期間限定配信サービスを使う方法

「知らなくていいコト」を視聴するなら、何度でも好きな時に好きな回の見逃し配信が楽しめるhuluがオススメです。

huluの無料お試しはこちらから

huluならドラマがCM無しで快適に見放題

無料で「知らなくていいコト」の見逃し配信を楽しむならやっぱりhuluがオススメ。

huluを含む16の動画配信サービスを比較してみたところ、無料で「知らなくていいコト」を視聴できるのはhuluだけでした。

※表中のサービス名をクリックすると、公式サイトの情報が確認できます。

動画配信サービス 配信有無
配信対象
無料期間
初月P
hulu フールー
hulu

定額見放題
2週間
FODプレミアムFODプレミアム ×
2週間
900P
U-NEXT ユーネクスト
U-NEXT
×
31日間
600P
dtv
dTV
×
1ヶ月
0P
tsutaya tv ツタヤtv
TSUTAYA TV
×
30日間
1100P
dmm見放題chライト
DMM見放題chライト
×
1ヶ月
ゲオTV
ゲオTV980
×
14日間
music.jp
music.jp
×
30日間
1600P

VideoMarket
×
〜初月末
550P
ひかりTV ×
月額基本料金
2ヶ月無料
amazon prime video アマゾンプライムビデオ
Amazon Prtime Video
×
30日間

クランクイン!ビデオ
×
14日間
3000P

NETFLIX
×
無料期間無
videopass
ビデオパス
×
30日間
540P
abematvアベマ
AbemaTV
×
2週間
paravi パラビ
Paravi
×
2週間

ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し動画を1話から最新話まで全話視聴できるのはhuluだけです。

>>今すぐ『知らなくていいコト』を無料視聴する! <<

huluでは「知らなくていいコト」の他に、日本テレビ系列のドラマやバラエティが見放題で楽しめます。

  1. huluは全ての動画が「見放題」!追加課金は一切必要ありません♪
  2. 日テレの最新ドラマや映画・アニメはもちろんのこと、huluでしかみられない海外ドラマやオリジナルドラマが充実!
  3. 月額1026円(税込)で60,000万本以上の動画が見放題とコスパ最強!

huluならいつでも好きな時、すきなタイミングで「知らなくていいコト」が楽しめます!

今すぐ『知らなくていいコト』を無料視聴する! <<

huluでドラマ|知らなくていいコトを無料視聴する手順

  1. 「hulu」の公式サイトにアクセスして1ヶ月間無料お試しで登録する。
  2. 「知らなくていいコト」を検索する。
  3. 知らなくていいコトのページにアクセスして動画を無料視聴開始。

※無料お試し期間内に解約すればお金は一切かかりません。

huluの登録・解約方法の画像付き解説はここをクリック

huluの登録方法

  1. 「hulu」の公式サイトにアクセスし、「今すぐ無料おためし」のボタンを押す。
  2. 「Facebookで登録」もしくはEメールアドレス、パスワード、姓名、生年月日、性別、支払い方法を入力。

  3. 「利用規約およびプライバシーポリシーに関する姓名に同意するものとします。」にチェックを入れ、「2週間の無料トライアルを開始」ボタンを押す。

  4.  届いた認証メールに記載のリンクをクリックして登録完了。

※無料お試し期間内に解約すればお金は一切かかりません。

huluの解約方法

  1. WEBブラウザからhuluにログインした状態で画面右上の顔マークを押す。
  2. 「アカウント」を押し鐇の画面で下にスクロールし、「契約を解除する」の文字を押す。
  3. 次の画面で下にスクロールし、「契約の解除を続ける」を押す。
  4. アンケートに回答した後、下にスクロールして「契約を解除する」をおして解約完了

以上で解約の手続きは終了です

※アプリからは解約できないのでご注意ください。

huluの無料お試しはこちらから

動画共有サイトでの知らなくていいコトの動画アップ状況調査

主要な動画共有サイトでの知らなくていいコトの検索結果リンクです。

動画共有サイト利用の注意点
動画共有サイトに違法アップロードされた動画の利用は、ウイルス感染やフィッシングのリスクがあります。可能な限りご利用を避けることをオススメします。
ご利用の際は自己責任でご視聴ください。

ドラマ|知らなくていいコト各話の情報

ドラマ「知らなくていいコト」第10話

放送日:2020年3月11日(水)22:00

【公式】無料動画配信

テレビ放送終了後から1週間の期間限定で日テレ無料TADA、TVer、Gyaoで配信

日テレ無料TADA Tver GYAO!

第10話のあらすじはここをクリック

30年前、乃十阿のとあ(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。ケイトの暴走を知った尾高おだか(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。

そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南あんな(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。
(引用:知らなくていいコト公式ページ

huluの無料お試しはこちらから

第10話のネタバレはここをクリック
 

huluの無料お試しはこちらから

第10話の感想はここをクリック
40代男性
最終回になって色んな事が分かってきて、主人公の女性自身のジャーナリズムが問われる回だったと言うのがドラマを見た印象でした。
このドラマを振り返ると色んな視点から真相を描いていくと言うのが、このドラマの特徴的な部分だったなと思って見ていました。
20代女性
尾高の妻はどんな気持ちで子供を置いて出ていったのだろうと思いました。いくら辛くとも子供を捨てる事をする女と尾高は離れて正解だと思ってしまいました。子供を抱きかかえ、子供を守ると決めた尾高がカッコ良かったです。どこまでも最低な野中は誰にも相手にされず会社を去っていき、ケイトがどれだけ会社で必要とされ輝いて生きていたか証明された気がして辛かったケイトを支えているのは会社だと感じました。ケイトと尾高はくっつくことなく人生を歩むんでいるのを見て、タイミングが合わないというのは運命の相手ではないと知らされているような気がしました。お互い想い合いながらも1番として過ごさないからこそ、良さを持ち惹かれ合う存在なのだと思いました。父親に愛されていないと思っていたケイトが、娘だと認めないのは殺人犯の娘だと世に知らせないためという記事に感動し、タイトルにぴったりなドラマだと感じました。
30代女性
カメラマンの尾高のことを本当に信頼し、愛しているのだなと思いました。乃十阿の息子が妻子がある身だとわかった吉高由里子さん演じる真壁ケイトは話を聞くのを辞めた様子を見て、真壁ケイトはやはり優しい一面があるのだなと思いました。

ドラマ「知らなくていいコト」第9話

放送日:2020年3月4日(水)22:00

【公式】無料動画配信

テレビ放送終了後から1週間の期間限定で日テレ無料TADA、TVer、Gyaoで配信

日テレ無料TADA Tver GYAO!

第9話のあらすじはここをクリック

いわたに(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。一方尾高おだか(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿のとあ(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷しんたにマリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。

早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田かがたと新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西ふくにし(渕野右登)に、番組AD・荒牧あらまき(三船海斗)に張り付くよう指示する……。そしてその夜、ケイトの自宅に春樹はるき(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。ついに乃十阿がケイトと対峙!30年前の事件の真相が明らかになろうとしていた……!?
(引用:知らなくていいコト公式ページ

huluの無料お試しはこちらから

第9話のネタバレはここをクリック
乃十阿徹の娘としての記事を書けといわれる。尾高が、乃十阿を連れ出し、自分のスタジオに住まわせることになった。ケイトたちは、大食い番組のやらせ事件を捜査する。自分の彼になってみたらそうでもなくなってきたし、うざいと彼女に野中は言われてしまう。ケイトは小滝(小林きな子)が、大食い美人の新谷マリアに番組が勝たせたくてやらせをしているから、生放送を見に来てほしいと言われる。ケイトたちは、大食い選手権の生放送を見に来る。ずっと見ていたが、やらせをやっているような感じはなかった。新垣という新人ADが女プロデューサーにパワハラを受けているのを見て、彼から何か聞き出せないかと考える。いいストの新人福西がその役目を任される。尾高は、車の中に離婚届を持っていた。何かを考えているようだった。野中が、ケイトの家に突然やってきた。酔っているような、野中を家に入れたくないが吐きそうだったので仕方なく家に上げる。僕って、そんなに最低ですか?と聞く。また、ここでもうざいと言われて、真壁さんの好きなのは、尾高さんだけなんですよと言われる。幸せになりたいと言いながら、泣き出し、真相スクープにリークしたの僕じゃないと言い出し、尾高さんとは、不倫ですからとかさんざん悪態をついて帰っていった。ケイトに、乃十阿が、自分のスタジオにいると教える。会って話すなら今しかないという。それから、俺たちのこともちゃんと話そうとケイトに言う。福西は、うまく新人ADからうまく聞き出すことができ、福西は、初めて、自分の機序を書くことができた。ケイトは、乃十阿に会いに来た、ケイトは、母親との思い出話を乃十阿に聞かせる、乃十阿とケイト、尾高3人で、コンビニのサンドイッチを食べながらどうでもいい話をしていた。又来ますとケイトは言って出ていく。ケイトは、今までの感謝を尾高に伝える。野中は、会社を休んでいた。弁護士にケイトは、もしかしたら、殺人犯の娘ではないかもしれないと言われる。もしかしたら、3歳の息子をかばっているのではと、弁護士は考えていた。

huluの無料お試しはこちらから

第9話の感想はここをクリック
40代男性
今回の話は主人公の女性と部下のやり取りが印象に残りました。仕事を指導する姿がなんたかほのぼのとするシーンでした。危ない目にあって、まだトラウマがある中で仕事をやる事で取り戻そうとする姿がとても印象的でした。
20代女性
野中がどこまでも最低キャラでいるとは思いませんでしたが、とことん残念なキャラで自分大好き人間が炸裂していました。振られたことや、ケイトとの関係を全て相手のせいにし仕事も休みダメ人間が伝わりました。乃十阿は子供を庇って罪を償ったことを予測した弁護士の話を聞き、ケイトは殺人犯の娘ではないということが証明される日がきてほしいと思いました。血が繋がっているのかわかりませんが、人を思いやるケイトの父親であれば子供のために罪を償ったとしてもおかしくないのではなと思いました。ケイトが周りに優しく対応している姿を見ると、恋愛が上手くいっているような気持ちに余裕が生まれているように見えて、心から幸せになってほしいと思いました。
50代女性
ケイトが尾高さんのスタジオで父親の乃十阿にあえたけど、感じなことが聞けず残念だったな。でも、また会いに行くみたいだから、真実が聞けたらいいなって思った。おだかさんともこの先のことを話すっていってたけど、どうなるのか心配です。

ドラマ「知らなくていいコト」第8話

放送日:2020年2月26日(水)22:00

第8話のあらすじはここをクリック

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることを他誌にリークした春樹はるき(重岡大毅)。襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子よりこ(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。一方、入院中の尾高おだか(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!
(引用:知らなくていいコト公式ページ

huluの無料お試しはこちらから

第8話のネタバレはここをクリック
テレビのワイドショーは、週刊イーストの襲撃事件のことでもちきりだった。ケイトは右腕を固定した出社してそのまま取材に出ていった。取材から帰ってきたケイトは、岩谷に呼び出され、与党議員・梅沢の金庫番だった相田の自殺でトカゲのしっぽきりのように自殺した真相を調べるよう指示する。ケイトは、街に出ると、刺された時のことが思い出され人とすれ違うのが怖くなっていた。相田の妻相田衣子(遠藤久美子)に、ケイトは会いに行くが避けられて話を聞くことができない。乃十阿徹の子として、ケイトが、真相スクープの記事に取り上げられていたのを、岩谷にケイトは見せられ、愕然とする。東源出版社・副社長石森(大高洋夫)は、そのことを気にして、岩谷にくぎを刺してくるが、岩谷は、屈することはない。しかしケイトの周りには、つぎつぎに週刊誌の記者が攻めよってくる。見かねた、相田の妻が、家に招き入れる。間の書斎を調べるが、3っか月分の探している帳簿は出てこない。ケイトが、イーストに返ってくると、野中が、ケイトに見つからないよう隠れていた。みんなが、ふつうに接してくれることが牛くて感極まる。野中が乃十阿徹とケイトの関係をリークしたのではと、岩谷は、尾高の入院する病室で話をする。ケイトは、家に帰った来るが、マンションのロビーで、住人たちが、ケイトの噂話をしていて家に帰れないでいると、尾高から、自分のスタジオを使っていいよというラインのメッセジが届き泣き崩れる。相田の妻の実家は、思いもよらぬ幸運が、次々と訪れていた。尾高が、病院から退院して、イーストに、戻ってくる。みんなに歓迎される。野中を誰もいないところにつれこみ殴るが、殴られた野中は、笑いながら、もう会わないほうが良いですよもっとひどいことになるからという。相田の愛犬の首輪に、SDカードが、張り付けられているのをケイトは見つける。そこには、帳簿と、真相が、書かれていた。いろんなことを失うかもしれないが、真実を週刊誌で掲載すると相田の妻に承諾を得る。ケイトに手記を書かせろと、副社長に、岩谷は、言われる。乃十阿徹は東京にやってきて、尾高に会う。

huluの無料お試しはこちらから

第8話の感想はここをクリック
50代女性
今回は、殺人犯の乃十阿の娘と言うことが週刊誌に載ったことで、追われる立場なったケイトが、とても辛そうでした。家にも帰れず、記者に追いかけられ、尾高に素直に甘えることもできないケイトですが、スクープを取ることは続けます。その熱意が相手にも伝わり、議員の逮捕にまでつながるスクープを取ることができたのは、本当に立派でした。
20代女性
尾高がケイトを思う気持ちが爆発していて、春樹に不倫のことを言われても反応もせず立ち去って行ったのがとてもカッコ良かったです。ケイトの知らないところでケイトをいつも支えている尾高に惚れないわけがない思いました。自分の気持ちを大切にと言ったのは不倫が正しいということなのか、家庭を持つ男性である事を思あと少し心が痛くなります。春樹は2人を避け、どこまでも恐ろしい顔を見せ、とんでもない人間だと思いました。嫉妬心は本当に恐ろしく人は何をするかわからなくなるほど狂ってしまうのだと思いました。乃十阿と尾高が会っていたのはなぜなのかとても気になります。
30代女性
今回はケイトにとってつらいことがありすぎて可哀そうでした。こんなに続いて災難ばかり起こるなんて、切ないです。でもケイトのいないところでもケイトを守ろうとしていた尾高さんは、かっこよかったです。それに比べて、ケイトを陥れた野中さんにはさすがにムカつきました。

ドラマ「知らなくていいコト」第7話

放送日:2020年2月19日(水)22:00

第7話のあらすじはここをクリック

小高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。
(引用:知らなくていいコト公式ページ

第7話のネタバレはここをクリック
一線を越えてしまう、ケイトと尾高。ベットから降りて、階段で足を踏み外すケイト。はしゃぎながら、コールドスプレーを患部にする。罰が当たったのかな?何も望まないから、一緒にいてとケイトは言うが、うまくいかないよと尾高に言われる。 週刊イーストでは、ネタの編集に、忙しい。黒川デスクが、発熱でインフルを疑われる。そんな中、一人の女性が現れる。演歌歌手の笹美鈴が、恫喝なんかしてないと編集部に殴り込みのようにあらあれ、岩谷編集長の頬をひっぱたく。それもネタに書くように指示を出す岩谷。掲載予定の右トップが、とびそうなので、差し替えネタの候補を急遽考えなくてはならなくなったが、岩谷編集長が連載を掲載している丸山先生のお食事会に出かけている。岩谷編集長を頭に、編集部員が気を使って、次の仕事につなげれるようにしていく。そんななか、記事のことで岩谷が編集者に戻り、丸山先生の会話が続かず嫌な空気が流れる。トップアイドルの、路チュー記事を見ながら、やっぱり罰が当たったのかな?と。 今日は、徹夜になるだろうからと、岩谷が、夜食の差し入れをもってきて、にぎわっているところに、不審な女性が、侵入してくる。以前取材した不倫された妻が逆恨みでケイトのことを刺してしまう。編集部が、騒然となる中、女は、倒れこんだ、ケイトを再び刺そうとするそこに、あらわれた尾高がケイトに覆いかぶさるようにしてかばう。編集部では、これをトップ記事として扱こととなる。尾高も、ケイトも無事だった。忙しくしている中、野中は、暇ならジュース買ってきてたのまれる。外に出ると、たくさんの取材陣に囲まれる。ケイトについて、いろいろ聞かれる。深夜スクープの記者に名刺を渡される。ケイトは、尾高の病室を訪ねようとすると尾高の妻と、妻に抱っこされた子供と廊下ですれう。病室に戻るケイト。尾高からのラインに、自分は、家にいると嘘をつく。いっぽう、編集部では、忙しく編集に追われていたが、何も仕事のない野中は、真壁ケイトについて話をするといって、深夜スクープの記者にケイトの父のことを暴露する。
第7話の感想はここをクリック
50代女性
尾高さんとケイトの今後が気になってきた!とうとう一線を越えてしまった。尾高さん次第って感じだけど。でも、不倫だから、ケイトも悩むよねって思った。尾高さんって子供がいるから、ケイトと昔馴染みに戻った方がいいと思った。なかなか難しいと思うけど。
20代女性
ケイトを救ってくれるのはいつも尾高で、まさか刺される寸前に現れるなんてまるで運命だと思いました。2人とも無事でよかったと思ったことと、自分から話題を売り出した女がケイトを恨み会社に乗り込んでくるなんてとことんずるい人間もいるんだと感じました。しかしケイトも不倫をする身としてどう感じているのか気になりました。ダメだとわかっていながらも思い合う2人には変わりなく止められない感情があるケイトと尾高の関係はどうなっていくのだろうと思いました。いつも穏やかに話す尾高でも好きが止まらないキスをしているシーンが忘れられません。春樹の性格の悪さが滲み出ていて救いようがない人だと思いました。ケイトは何の罪もないにも呆れてしまいました。
30代女性
小沢真珠さんの強烈なキャラが最高でした。ヒョウ柄のファーのコートがあんなに似合う人もいないし、まさにはまり役でした。突然ケイトにキスする尾高さんにはキュンキュンしました。尾高さんのいつもと違った雰囲気がよかったです。

ドラマ「知らなくていいコト」第6話

放送日:2020年2月12日(水)22:00

第6話のあらすじはここをクリック

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高おだか(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?
(引用:知らなくていいコト公式ページ

第6話のネタバレはここをクリック
乃十阿徹(小林薫)に会いに行ったケイト(吉高由里子)だったが金を出せと言われる。乃十阿に母のことを聞こうとするが、ホースで水をかけられ、話そうとはしない。水浸しになったケイトを、尾高が、車で迎えに来た。ラブホテルで、着替える。そこで、尾高も水をかけられたことがあるという。ケイトは、本当のことを知りたいという。何故、真実を話さないかわからない。
乃十阿の弁護士にケイトは、尾高と共に会いに行く。弁護士は、これ以上かかわらずそっとしてあげたほうが良いといわれるが、なかなか引き下がれない。 プロ棋士の桜庭洋介(田村健太郎)の妻の桜庭和美(三倉茉奈)は、ケイトに直接洋介の不倫相手で、女優の吉澤文香(佐津川愛美)を別れさせるために記事にしてほしいと頼んできた。さっそく、不倫相手の吉澤や、洋介の尾行を始めた。将棋も暗号で連絡を取り合っているが、どうしても暗号を解読できない。元将棋部の部長だった野中に聞くが、なかなか読み解けないでいる。会いたい、会いたいと書かれた、不倫のラインを見て、ケイトは自分も心は、もう不倫をしていると思っていた。
野中が暗号を解くことができた。ホテルで会うことがわかる。現場を押さえるためにそれぞれに張り込み尾行する。2人が、ホテルの部屋に入ったことを確認する。しかし、なかなか、ツーショットの写真が撮れない。この不倫を暴いて、誰が幸せになるのだろうと、ケイトは疑問を感じる。直撃インタビューをする。奥さんより出会うのが遅かっただけと、吉澤は言う。吉澤は、世の中にたたかれる。そんな中、ケイトは、吉澤に週刊イーストで、独占取材を申し込むが、世間に語ることは、何もないと言い切る。尾高のもとを訪ねる。自分の心の中にもケイトがいる。尾高と、キスをするケイト。
第6話の感想はここをクリック
40代女性
今回は将棋士の不倫がテーマでした。取材の中で、ケイトが誰も幸せにならない取材と言っていたのが印象的でした。その言葉通りになってしまいましたが、仕方ないのかなと思ってしまいました。そしてケイトも尾高と不倫になってしまうのか、キスをしてしまいました。次回がどんな展開になるのか、とても楽しみです。
20代女性
ケイトが不倫をしっかりとした愛だと言ったことに、尾高を思い浮かべていることや不倫が多い世の中を考えさせられました。いけないことだとしても、誰もが恋をする瞬間足りないものや満たされるものを手に入れ幸せになり、結婚しても足りないものを埋める為の恋や寂しさを埋めるもので気持ちを保っていることだってあるだろうにと思いました。そして不倫報道を追い、誰が幸せになるのだろうと言ったケイトの気持ちは、無関係者たちが叩く今の時代を描かれている気がしました。最後にキスをした2人の恋心はどうなっていくのか気になります。いつでもケイトの気持ちを読んで理解しているような尾高と、ケイトは想いあっていたことに嬉しく思いました。
40代女性
今回は不倫している棋士の桜庭の奥さんからのタレコミでした。
見ていて思わず「現実にありそう~」と思ってしまいました。
取材するケイト達が本当の記者に見えて面白かったです!
でもラストで尾高とキスしてしまい・・ケイトも不倫しちゃうの?

ドラマ「知らなくていいコト」第5話

放送日:2020年2月5日(水)22:00

第5話のあらすじはここをクリック

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。
(引用:知らなくていいコト公式ページ

第5話のネタバレはここをクリック
ケイト(吉高由里子)は、尾高(榎本佑)と共に、30年前乃十阿徹(小林薫)が起こした無差別殺事件があったキャンプ場に来ていた。考えてもどうにもならないことは考えても仕方ないと、尾高は言う。母の納骨を一人で済ませたことを尾高に伝える。元警察署長の沖田秀則が孫を殺害した罪での裁判の傍聴をしてケイトは、何か犯人が隠しているのではと考える。

近所の主婦に聞き込みをすると、スパルタだったという人と、孫をかわいがっていたという人がいる。元警察の仲間からも、かわいがっていたという情報を得る。刑務所に面会に行くが断られる。亡くなった孫の評判は、良くないものばかりで、友達にも好かれている様子はなかった。趣味で、爆弾を作っているという話も出てきた。

野中は、小泉に付き合ってほしいと言われるが、ケイトのことも気になり意識している。爆弾のサイトの書き込みで、孫のハンドルネイムを見つける。自宅の保育園への爆弾予告を見つける。弁護士を通して接見しようと試みるがなかなか難しい。

酔っぱらって、ケイトは、尾高に家まで送ってもらう。納骨を済ませたという嘘がばれる。尾高は、ケイトのことが気になるが、同時に、自分の家族のことも大切にしたいと思っている。

なんとか、弁護士を通して接見することができた。孫を殺めた理由は、保育園を爆破しようとしたことで、殺してしまったのでは?庭から、爆弾が出てきたが、控訴しないことにしたと、沖田の弁護士から、ケイトに連絡がある。ケイトは、乃十阿に会いに行き、真壁杏南の娘だというが、帰りなさいと言われる。

第5話の感想はここをクリック
30代男性
ケイトがひとりぼっちなのがとても可哀想でした。野中が小泉とキスをして驚いていたのがとても面白くてよかったです。野中がケイトと別れて小泉と付き合ったのがとてもひどいと思います。尾高が家族にも優しくてケイトにも優しいのがすごいと思います。
30代女性
ケイトは乃十阿の事件に向き合う勇気を持ったように感じました。元警察署長の沖田の事件を取材するなかで、乃十阿のことを重ねてしまっているのではないかと個人的には思いみていました。連載班の小泉が春樹に交際を申し込んだと知ったケイトの反応が可愛かったです。今後の展開が楽しみです。
20代女性
第5話、Paraviで視聴しました。
地下倉庫に閉じ込められた桃江ちゃんと松田くん、見てるこっちがドキドキしました!
ですが、思っていた通り林がいいところで邪魔しにきてしまったのが残念でした。
また、今回Dくんとの様子が描かれていましたが、
桃江ちゃんはDくんといるときが一番楽しそうでした。
付き合ったらきっと幸せになれるだろうになぁと思います。
フリーターでお金がないところは妥協できないのかもしれません。
40代女性
法とは何かと言うこと。真実とは違うけどわかりやすいことがまかり通りやすいんだね。元彼と新しい彼女はうまくいくとは思えないなあ。感覚違うし。忘れたいがための当て馬っぽいね。なんだか、残念すぎる元彼氏だった。

ドラマ「知らなくていいコト」第4話

放送日:2020年1月29日(水)22:00

第4話のあらすじはここをクリック

正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師“ジーザス富岡とみおか(新納慎也)”の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の“特Aコース”を受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材したケイトは、月謝30万の“特Aコース”の受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

早速黒川(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……!
(引用:知らなくていいコト公式ページ

第4話のネタバレはこちらをクリック
年末、年始の休みに、ケイトは、乃十阿に会いに行く。目が合ったが、そのまま、家に入ってしまう。 大和トンネル崩落事故の情報が入ってくる。社会部全員総動員で、動き始める。トンネルに閉じ込められているラグビー部の無事を神社で祈る女子高生からインタビューをとれる。取材がうまくいって機嫌のよいケイト。図書館の館長が、母の大学野の時のゼミで同じ人だった。乃十阿のことをきくと、学校の汚点だといった。。ジーサス富岡というセミナーの講師の特Aコースに入るには、30万必要だが、2次試験の小論文の問題を当てると評判だった。不正入学ではないか?と思ったケイトは裏を取ろうと思い動き始める。職場では、ケイトと野中の様子が、おかしいと感じているものも出てきた。別れたことは、岩谷(佐々木 蔵之介)以外は知らない。 ケイトは、尾高に乃十阿に会いに行ったことを告げる。乃十阿と話したことあるかと、ケイトに問い詰められ、あると答える。なぜ、そんなに尾高は、乃十阿にこだわるのかときく。もう一つ聞いていいかとケイトは聞く。なぜ、スクープ写真を撮らなくなったのかと聞く。人間関係がどう出らうと、真実を取るのが、カメラマンだと思ったが自分にはできないと思っただからやめたという。ケイトは、自分と母がいなければ、尾高は、もっと羽ばたいていたかもしれないというが、そうではないという。尾高を手放してしまったことをケイトは後悔する。ジーサス富岡の講義を見た後、取材をする。特Aコースが、今日は休講になったという。急になぜ休講になったのかとケイトは、突っ込んで聞くが、ジーザス富岡はケイトに難色を示す。大学の学長が、入院中で、医学部の小論文が、絞り切れていないという情報を入手する。急に特Aコースが休講になったこととつながるのでは?と考える。塾の校長、ジーザス富岡、大学の学長それぞれに、見張りをつける。ケイトは、病院に張り込む。塾の校長が、動き出した。札束と、交換したした現場を押さえたが、デスクの岩谷から、証拠がまだ弱いから、一度、社に戻るように言われたケイト。疑惑のある4人に同時に直撃する。最終的に、わいろは、文部省に流れている、ジーサス富岡も利用されていた一人だった。
第4話の感想はこちらをクリック
40代女性
今回は塾講師のスクープを狙ったら、大スクープに繋がりました。刑事ドラマ並の張り込みと突撃で、今までにない躍動感でした。連載班の春樹が取材がダメになり悔しがる姿を見て、ケイトを振った報いだと思ってしまいました。
40代女性
ダメだとわかりつつも尾高って魅力的に映る。
そしてケイトよりものとあの謎を知っているのだよね。
これからもっと関わり増えていくんだろうな。
前の彼の野中君は相変わらずダメダメだね。
ケイト睨みでも持ってそうな雰囲気。自分で婚約解消したのにひどいよね
20代女性
春樹がケイトに対して冷たい態度、反抗的な態度を取るのをみて男の器の小ささが情けなくなりました。ケイトは吹っ切れているにも関わらず意地を張るような態度をみていると尾高が輝いてみえました。そして尾高はケイトをいつも支えているような、ケイトを知り尽くしているような言葉のない表情が素敵でした。ケイトが別れたことを後悔しているが、恋をしないように部屋を抜け出すシーンや送っていくと言われたことを断るのが心が痛くなりました。乃十阿が殺人犯では無いことを祈りたいし、尾高が握っている秘密がケイトを傷つけないことだといいと思いました。
30代男性
人気予備校講師の不正を暴くというストーリーがおもしろかったです。週間イースト記者たちの取材や張り込みのシーンがとてもリアルでした。そして、ケイトのバイタリティには驚かされました。スクープを上げるという強い決意が感じられます。
30代女性
塾講師のジーザス富岡の不正な授業を暴くために、特別班チームで一丸となっている様子がとても清々しく、ドキドキしながらみることができました。ケイトの仕事の姿は今回もすごくかっこいいなと思いました。一方、次週から乃上阿の真相を尾高と一緒に探っていくのではと思うのですが、真相が早く知りたいです。

ドラマ「知らなくていいコト」第3話

放送日:2020年1月22日(水)22:00

第3話のあらすじはここをクリック

殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川くろかわ(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。(引用:知らなくていいコト公式ページ

第3話のネタバレはここをクリック
尾高の仕事場で、乃十阿の娘と知りながら、結婚しようと言ってくれたことに涙したケイトだったが、尾高の妻から子供が熱を出したという電話で、我に返る。急いで、尾高の仕事場を後にするケイト。帰りのタクシーの中で、週刊イーストに配属されたばかりのころのことを思い出していた。、ケイトは、尾高について、何日も芸能人の張り込みをする。そこでキスをして、交際が始まる。仕事も恋も順調だったが、尾高が、乃十阿の出所の写真を撮った後、動物カメラマンに急に転身したことで2人は別れた。その後イルカの撮影の時に出会った女性と尾高は、一年後結婚した。 ケイトは、赤木大臣についての特集をしたいというが、編集長岩谷(佐々木蔵之介)の判断で、天才ダンサー川原巽の特集をすることになる。
ケイトは、ファッションを担当して、いろいろ調べ始めていたが、急に中止になる。タツミーヌが、10年前の暴言がネットで拡散し始めた。稽古場の外には、たくさんの報道陣が、集まってきていた。影武者を用意して、本人は、変装して出ていくところをケイトたちが見つける。しかし、大きな声をかけたことで、気づかれてしまいスケボーで逃げられてしまった。 尾高が、来年のカレンダーをもって編集部にやってくる。編集長にカレンダーを渡した後、ケイトのデスクの上にもカレンダーを置くのを、野中が見ていた。話したいことがあるといい、野中が、尾高を屋上に呼び出し、何故、ケイトと別れたのかと聞くが、尾高は、言わないという。すると、野中は、自分は、ケイトと別れたということを告げた。同じ理由で別れたのではないかと、野中は、尾高に聞く。「お前サイテーだな」と尾高に言われる。
ケイトは、尾高のことを思い出して、仕事に集中できないでいた。タツミーヌが、暴言を吐いたといわれる真相を突き止めたケイトは タツミーヌに手紙を書く。
尾高は、現在の乃十阿の所在もつかんでいた。尾高の仕事場では、昔ケイトと一緒に買った、片付けられていたはずのコーヒーメーカーが使われていた。  手紙を読んで、取材に応じてくれた、タツミーヌ。合併号では、タツミーヌの記事と、赤木大臣のサイバーオムニとの談合疑惑の記事で、売り上げ部数も伸び完売した。
ケイトは、ネットで検索して、乃十阿の居場所を突き止める。そこを音連れた、ケイトは、ちょうど家から出てきた乃十阿と、鉢合わせする。
第3話の感想はここをクリック
20代女性
やっぱり野中は最低な男で、尾高さんはカッコいい男性だということがよくわかる回だなと思いました。野中が尾高さんにケイトと別れた理由を聞きたかったのは、自分は悪くないと安心したいがため、自分自身のためであって、ケイトのことなんて一ミリも考えていないなと感じました。尾高さんが野中に向かって最低だと、軽蔑の目を向けたのが最高でした。
20代女性
コメントケイトが仕事をする姿をみて、相手の気持ちを考えないデタラメを描く記者だらけではなく相手を救うための記事を書く人もいるんだと思いました。過去の動画をうまく切り取り人気者を突き落とす人間もいるが、デタラメだと分かりそれを伝えてくれる人もいるので、噂だけで信じることはよくないことだということと、噂やデマが出ても自分のできることをこなして今後も好きなダンスをし認めてもらうという意思がカッコ良かったです。尾高が春樹に最低と言った姿が輝いていました。別れたことを隠している春樹は情けなく、人間として最低ですがケイトを救う尾高がいるだけで、2人がくっついて欲しいということを強く思うようになりました
30代女性
柄本佑さんが神回でした。今までかっこいいと思ったことは一度もなかったですが、役柄と雰囲気かっこいいで得しているかなーと思いました。ケイトの父親について重岡くんと会話していた時は、重岡くんがくずの役だったので、際立ってかっこよかったです。しかし、後半も何かとケイトのことを気にしていた重岡くん、なんだかまだまだ一波乱ありそうだなと思いました?
40代女性
今回は天才ダンサーのスキャンダルについてでした。都合よく切り取られた過去の動画の拡散により取材方針を変えたケイト達でしたが、真実を知り真摯に取材交渉したケイトはまた大成功でした。こんなふうに機転の利くお仕事がしたいな、といつも思ってしまいます。そして乃十阿を訪ねたケイトの内心はどうだったでしょうか。次回からも楽しみです。
20代女性
今回も尾高とケイトの距離感とか関係性が良くてキュンとしました。皆の前では気丈に振舞っているケイトですが、野中に振られて、母の事も父の事もまだ消化できていなくて、時々落ち込んだ表情を見せるケイトへの尾高の眼差しが優しくて、いい関係性だなと思いました。尾高は既婚みたいなので二人がまた恋人になることは無さそうですが、今後も二人が気になるなと思いました。尾高は乃十阿徹について、知っていて隠していることがまだありそうだったので、そちらも今後気になります。

ドラマ「知らなくていいコト」第2話

放送日:2020年1月15日(水)22:00

第2話のあらすじはここをクリック

母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。そのことで春樹はるき(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。
事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?(引用:知らなくていいコト公式ページ

第2話のネタバレはここをクリック
殺人犯の娘かもしれないとわかり、婚約を解消されたカイト、野中を待ち伏せしてそうではないかもしれないからやり直そうと説得し始めるが、全く耳を貸さない。上司の岩谷に野中がカイトと別れたから、部署を移動させてほしいと願い出るが却下される。
DNA 婚活パーティに取材をするケイト(吉岡由里子)取材を進めていくにつれ、自分のDNA について考えるようになる。 こうもりの取材に行く尾高にケイトがついていき乃十阿に着いて聞く。3年前イーストのグラビアに乃十阿の出所の写真を掲載した。発売の日に午後ケイトには内緒でケイトの母が尾高に会いに行く。そこで、乃十阿がケイトの父親だと告げられる。ケイトは不倫でできた子であること。乃十阿は人を殺すような人では無いという。ケイトを守ってほしいと頼まれる。
DNA婚活パーティの記事が掲載されて好評だった。 ケイトと上司の尾高由一郎(柄本)が焼き鳥屋で飲みながら、会社で顔をあわせずらいなら、野中を移動させることもできるがどうかと聞かれて、どっちでもいい。もう吹っ切れたというケイト。 乃十阿(小林薫)がどこかの港町で暮らしていた。学校帰りに子供たちが、焚き火をしている乃十阿にさようならといってた。
そのあと、別れて、元彼のところを訪れる。ケイトが、自分に結婚しようといった時のことを覚えているかと聞く。 尾高は覚えていると答える。今まで結婚という形にこだわらない尾高だったが、動物カメラマンになったとたん、結婚しようといってきたのはどうしてかと問う。 野中が、ケイトのことを好きなのを知っていて取られたくない気持ちもあったという。
自分が犯罪者の娘と知りながら、プロポーズしてくれたことを思いケイトは泣く。
第2話の感想はここをクリック
20代女性
野中がケイトのことを殺人犯のような目で見ていたのがものすごく腹が立って仕方ありませんでした。ケイトの気持ちをこれっぽちも考えてなんかいないんだろうなと思います。また、お母さんも結構身勝手だなと思いました。乃十阿とも不倫していたようだし、証が欲しかったからという理由で子供を産むなんてどうなんだろうと感じました。
50代女性
ケイトは尾高さんと別れたことを後悔していました。
ですが、ケイトは動物写真家になった尾高さんのことは好きではありませんでした。
なので、結果的にケイトは彼のプロポーズを断りました。
その時にそう思えず、しかも尾高さんも他の女性と結婚しました。
なので、結局二人は縁がなかったと思うしかないと思います。
ケイトに相応しい誰かを見つけてほしいです。
50代男性
DNAによるマッチング婚活•••今のケイトにはかなりハードなテーマだったかも知れませんね。ストーリー等はとても魅力的でした。楽しい1時間を過ごす事ができました。ただ、ラストシーンでケイトが言った「何故あの時気付かなかったのだろう•••?。」のあの時は、いつのことを指しているのだろう?そこだけがめちゃめちゃ気になりました。
20代女性
野中がDNAを気にして別れ、その後話をしても同僚に戻ろうとしている野中は、一般的には当たり前の事なのではないかとおもいました。ケイトは尾高さんが何かを隠していると確信してお母さんと尾高さんの秘密を教えてもらい、改めて、犯罪者の娘であることを知り、同時にそれでもプロポーズした尾高さんに特別な気持ちを抱いているのを見て心が痛かったです。DNA婚活の話題を上手く取り入れながらメインの父親のストーリーを進めていき、今後が気になるなとおもいました。
50代女性
ドラマの中で「DNA」のことで大学の先生が話していた、マウス実験で親マウスが体験してとっていた行動を体験していない子供マウスも同じ行動をする。これが「遺伝子」だとわかった時、ケイトはどんな気持ちだったかなと思った。顔や風貌が似ているだけではなく行動も遺伝するなんて、今のケイトにはショックだったんじゃないかなと思った。野中くんがDNAを理由に結婚を断ってきたのにもわかるような気がした。

ドラマ「知らなくていいコト」第1話

放送日:2020年1月8日(水)22:00

第1話のあらすじはここをクリック

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていた。

そんなある日、同居する映画翻訳家で未婚のままケイトを育て上げた母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。杏南は、ケイトの父が“キアヌ・リーブス”だと言い残して亡くなってしまう。

後輩で恋人の野中春樹(重岡大毅)に相談するも取り合われない。しかし母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて・・・

仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に直談判し、ネット上の架空の人物に大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる多賀笑子(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門する。

取材が難航する中、海外出張から戻り線香をあげにきたケイトの元カレで動物カメラマンの尾高由一郎(柄本佑)は杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない。そんな尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた。

翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品から自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されたある物を見つける。
(引用:知らなくていいこと公式ページ

第1話のネタバレはここをクリック
真壁ケイト(吉岡由里子)の母親の真壁杏南(秋吉久美子)有名翻訳家のテレビ番組から始まる。主人公は、編集者のスクープをとる記者。母が、くも膜下出血で病院にかけつける。「もうだめかも」といい、ケイちゃんのお父さんは「キアヌ・リーブス」と謎の言葉を言い残して亡くなる。

遺影の写真は、元カレ尾高由一郎の写真家が撮ったもので、それを今彼と一緒に見る。今彼(野中春樹(重岡ジャニーズWEST)が、夜帰った後、一人になったケイトは、母の遺品の中から、キアヌ・リーブスとの接点を見つける。
仕事に復帰したケイト、新しいスクープを持ち込む。

70歳のお茶の先生多賀笑子(倍賞美津子)が、若い男に詐欺にあっているという話。すぐに、お茶の先生に入門し潜入捜査を始める。世間話をして、なんとか話を聞き出そうとするが、なかなか難しい。

元カレが、動物の写真を撮りに行っていたアラスカから帰ってくる。ケイトに母のお悔やみをいう。夜、お線香をあげにケイトの家を訪れる。そこで母とキアヌ・リーヴスの関係について話すと、いい話だといわれる。尾高が、帰り道車の中でケイトの母親の泣き顔を思い出す。

お茶の先生多賀のところを訪れる。お茶のお手前のお稽古中に多賀が席を外し携帯をみたあと、急いで、どこかに行ってしまう。自分の部屋のPCで、チャールズが足を負傷して今すぐ100万円振り込まないと足を失うことになると書かれていて、振り込もうとする。そこにケイトが現れだまされているというが、多賀は怒りだして、ケイトをおいだしてしまう。

指輪がバインダーに挟まって出てくる。乃十阿徹(小林薫)という人が、購入したことがわかるが、検索にかけると無差別殺人犯とでてくる。自分は、殺人者の子ではと恐ろしくなる。野中のもとを訪れそのことを話そうとするが、結婚しようと野中がいいだす。殺人者の子供かもしれないことを野中に告げると言葉を失ってしまうが、誰の子でも愛しているという。

多賀のところを訪れ、先日のことを詫び、先生と恋の話がしたいと言って茶室に通される。愛をお金で買うのも悪くないとケイトがいう。週刊誌でそのラブストーリーを描かせてほしいという。上司の岩谷進(佐々木蔵之介)からいい記事が書けたと褒められる。

尾高に結婚することを告げる。乃十阿のことを知っていただろうとケイトが詰め寄るが、話をはぐらかす。以前の週刊誌の特集から乃十阿が出所したことを知る。写真を撮ったのは、尾高だった。

そして、その日の夜やっぱり結婚は無理だと野中に告げられる。

第1話の感想はここをクリック
30代女性
知らなくていいコトというタイトル通り、きっと主人公の日常がとあることを知ってしまったことで変わってしまうんだろうなと思っていましたが、予想外にその「知らなくていいこと」が重かったです。ケイトは楽観的だと思いますが、これはケイトの立場だったら精神的に病んで仕事も手につかなくなってしまっても仕方ないんじゃないかと思いました。
50代女性
恋も仕事も順調に行っていたケイトでしたが、母親の突然の死をきっかけに、彼女の人生の歯車が大きくずれてきたように思いました。
彼女が背負っている過去をきちんと見つめ、それを解決していかないと、彼女の未来も今のままではかなり暗雲が立ち込めてしまっているようです。
恋人に結婚を断られ、彼女は元カレとヨリを戻すのか、もしくは新たな恋人ができるのか分かりません。
ですが、ケイトは次々とショッキングなことが起こり、彼女のメンタルが気になります。
40代男性
まずは主役の吉高由里子燦ですが、アラサーとは思えない可愛さが出ていると思いました。
そして、ストーリーですが、いきなり怒涛の展開という感じでした。
父親がキアヌ・リーブスという件が一瞬にしてなくなり、実は殺人犯の子だったということになったのは衝撃的でした。
また、彼氏にプロポーズされて、いきなり破談になるというのもすごい展開だと思いました。
20代女性
週刊イーストでバリバリ働くケイトは、スクープを取って喜んでいた。イーストで働く仲間たちが、個性豊かすぎて見ていて楽しかった。ケイトの母親が突然くも膜下出血で倒れて、最後の言葉がそれなの?って感じだった。たった1人の母親が亡くなってとても悲しそうだったのに、忌引きに飽きて仕事に戻るあたり、仕事人って感じがした。面白そう。
20代女性
お父さんがハリウッドスターなんて、おもしろいなと思っていたら、まさかの殺人犯の娘だったなんてびっくりしすぎて頭が回らなくなりました。いろいろ辻褄は合うようだけど、本当にノトアトオルがケイトの父親なんだろうかと疑問ばかりです。尾高はどこまで知っていたんだろうかということも気になりました。全て知ったうえでケイトと別れたような気がします。
20代女性
笑子が振り込め詐欺に引っかかり誰もが止めようとするが、ケイトは自分で稼いだお金の使い道は自由だと言ったことと、詐欺だ知らずにいる人なら救わなければいけないけれど、知っていながら振り込み待たされるのであればそれは問題ないと言ったセリフが印象的でした。人間はいつになっても恋をする気持ちを持っていたり、寂しいと思ったり生きている意味がひとつでも見つかれば、生きる気力になることを知り相手にふさわしい言葉選びをしたケイトは素敵だと思いました。殺人犯とされている乃十阿徹は一体何者なのか気になりました。結婚すると急に言い出した春樹はケイトを裏切り情けないと思いました。
20代女性
笑子が振り込め詐欺に引っかかり誰もが止めようとするが、ケイトは自分で稼いだお金の使い道は自由だと言ったことと、詐欺だ知らずにいる人なら救わなければいけないけれど、知っていながら振り込み待たされるのであればそれは問題ないと言ったセリフが印象的でした。人間はいつになっても恋をする気持ちを持っていたり、寂しいと思ったり生きている意味がひとつでも見つかれば、生きる気力になることを知り相手にふさわしい言葉選びをしたケイトは素敵だと思いました。殺人犯とされている乃十阿徹は一体何者なのか気になりました。結婚すると急に言い出した春樹はケイトを裏切り情けないと思いました。
30代女性
高由里子さん主演の「知らなくていいこと」がスタートしました。
吉高さんが演じるのは週刊誌記者のケイト。
母がくも膜下出血で倒れ、
「ケイちゃんのお父さんはキアヌ・リーブス」
と謎の言葉を残したまま亡くなってしまいました。
ケイトは本当かと思い色々調べていくと、乃十阿徹という無差別殺人犯が自分の父親かもという疑惑が浮上してきました。今まで人のスクープを暴いた方だったのに、自らがスクープの対象になってしまいました。乃十阿が出所した際、カメラマンの尾高が写真を撮っており、今後の展開に関わってきそうな人物でした。ケイトの元カレとのことです。今後の展開のポイントとなる気がします。
ストーリーとしては、第1話からお父さんが犯罪者かもしれないも言う衝撃の事実が明らかになり、第2話も観たいなぁと思いました。自分の仕事や恋愛など、いろいろな要素があるので今後の展開が楽しみです。
40代女性
ケイトの充実した日々がかき乱されてしまった印象を持ちました。恋人から裏切られた場面は、ケイト同様開いた口が塞がらない、という感じです。一度包容力を見せておきながら日にちが変われば情けない表情を見せる男は、ダメですね。元カレの尾高に今後は期待を寄せたいと思います。ケイトがお茶を嗜む場面はとても共感てきました。
30代女性
主人公の出自に迫るドラマということでシリアスではありますがそれだけではなく恋愛や横行する犯罪への独自な目線があって楽しい第一話でした。特に振り込め詐欺に対する描き方は面白くて親にはこまめに連絡しようとすら思いました。
また元彼尾高役の柄本佑さんが今までにない雰囲気でカッコよくて、素敵でした。ケイトの今の彼氏に配慮しつつでもケイトを気にかけていて、その距離感が絶妙でした。ケイトの出自について何か知っている感じだったのでこれからも目が離せません。
30代男性
週刊誌編集部のお仕事ドラマと思って見たら、それに主人公ケイトの出生の謎を追う要素を加えた面白いドラマでした。最初の波と最後の波が父親についての可能性の事で、例え母親の遺言が事実であろうがケイトが調べた事の方が事実だろうが今後記事になり得るので、特集班記者が追われるかもと思うとワクワクしてきました。続きを早く見たくなるドラマですね。
40代女性
吉高由里子の安定の演技力が良かったです。出版社で働く女性を少しコミカルに、でも真摯に描いていましたし、母親の死からすぐ立ち直って見せた様子も生意気さと健気さがちょうどいい感じで、逆にホロリとしてしまいました。自分の出生の謎とプロポーズされたことから、取材対象者に対する共感を見出すあたり、ドラマ的だとしても面白かったです。

huluの無料お試しはこちらから

ドラマ「知らなくていいコト」の最新話を期間限定見逃し配信中のサービス

登録なしでドラマ「知らなくていいコト」の最新話を無料で見逃し配信しているサイトは以下の3サービスです。

いずれも、登録は不要ですが、放送終了後1週間の期間限定配信ですのでご注意ください。

見逃し配信期間終了後に無料視聴したい場合は、動画配信サービス「hulu」の無料お試しを活用するのがおすすめです。

ドラマ|知らなくていいコト作品情報

基本情報

放送局 日本テレビ
放送時間 水曜日 22:00〜
主演 吉高由里子
主題歌 flumpool「素晴らしき嘘」
キャスト 真壁ケイト:吉高由里子
尾高由一郎:柄本 佑
野中春樹:重岡大毅(ジャニーズWEST)
小野寺明人:今井隆文
倉橋朋美:小林きな子
小泉愛花:関水 渚
鮫島裕二:和田聰宏
佐藤幸彦:森田甘路
東山秀則:本多 力
黒川正彦:山内圭哉
真壁杏南:秋吉久美子
岩谷 進:佐々木蔵之介
乃十阿徹:小林 薫
スタッフ 脚本:大石 静
演出:狩山 俊輔
塚本 連平 ほか
プロデューサー:小田 玲奈
久保田 充
大塚 英治(ケイファクトリー)
チーフプロデューサー:西 憲彦
制作協力:ケイファクトリー
製作著作:日本テレビ
制作:日本テレビ
公式サイト
Wikipedia
Twitter
Instagram
LINE

ドラマ|知らなくていいコトイントロダンクション

信じられないスクープは、私自身のことでした。

政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す週刊誌”週刊イースト”。
壮絶な職場で日々スクープを狙う。
女記者・真壁ケイトは自信家ながらも母譲りの人受けの良さと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

そんあある日・・・・。
シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。
母が最後の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった。
それは誰もが知るあのハリウッドスターの名前!
パパがハリウッドスター?んなワケないじゃん?
でも、それっぽい証拠も出てきて!?

出世の謎と父の秘密に迫る時、人生最大の知らなくていいことにぶちあたる。

「お父さんが本当は○○だったなんて」
母の残した謎の言葉医によって、大きく狂わされる彼女の人生。

社会の真実を暴いてきた週刊誌記者が自分の真実を知ってしまった時、果たして彼女は!?

系文様なタッチでリアルな世界観を描く大石静のオリジナル脚本を着実にキャリアを積んできた人気女優・吉高由里子が新境地で挑むお仕事系ヒューマンドラマ。
(引用:日本テレビ

ドラマ|知らなくていいコトへの期待の声

2020年日本テレビ冬ドラマ「知らなくていいコト」への期待の声をまとめました!

30代女性
吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいこと」(1月8日、毎週水曜日)は、週刊記者真壁ケイト(吉高由里子さん)が仕事もプライベートも順風満帆な人生を歩んでいる中で起きた【知らなくて良かったのに、、、】について、どう乗り越えていくかを描いたヒューマンドラマだそうです。誰しも予想にしていなかった懸念に対して、「そのまま素通りできたのに」「気にならずにもやもやしなかったのに」と思われることがあるのではないでしょうか。普通は無視してしまいやすいですが、本当に気になった場合、見過ごせない場合って、立ち向かわないといけなくなります。実は気にしなくても良い場合がほとんどでも、中には仕事、プライベート、人間関係など自分の人生感が変化してしまうこともあると思います。
ヒューマンドラマとして、誰しも直面する出来事を描かれていること、主人公のケイトがその逆境にどう立ち向かっていくかが見どころです。昨年同主演で吉高さんが演じられた「私定時で帰ります」も社会人にとって共通するテーマであったからこそ、共感のお声が多かったのではないでしょうか??今年も期待しています。
その他の「知らなくていいコト」への期待の声はここをクリック
20代女性
「東京タラレバ娘」から吉高由里子さんが出演するドラマはほとんどチェックするようになりました。今回はスクープ記事をモチーフにしているということで、どのようにしてマスコミ業をドラマとして成立させていくのか楽しみです。スクープ記事は賛否が分かれることがあるので、そんななかでどのように話が進むのか気になります。
30代女性
主演の吉高由里子さんが年齢を重ねるごとに演技力も役の幅も広がり、今回は記者という今までにない役柄でとても楽しみです。脚本も大石静さんなので、テンポの良い面白い会話が期待できそうで嬉しいです。ベテランの役者さん達は安心感があり、それ以外の同僚役の方たちなどは良い意味で見飽きていない新鮮な方たちが多く楽しみです
30代女性
知らなくていいコト、というタイトルにまず惹かれました。真壁ケイトが、いつか知らなくていいコトにぶつかった時に、どんな風になってしまうのか、とても気になるし少し怖い気もします。また吉高さんが、そんな真壁ケイトをどんな風に演じられるのかも気になります。キアヌ・リーブスが父親かもしれない、ということで、笑えるところもあるのかなぁと期待しています。その他にも、個性的な役者さんが多く出られるので、吉高さんの演技とどう絡まっていくのかも楽しみです。
60代女性
吉高由里子さんが、週刊誌の記者の役というだけでも見たいドラマですが、父親がハリウッドスターというありえない出生の秘密に巻き込まれていくので、コミカルでおもしろそうです。週刊誌がスクープする政治や財界や芸能界のスキャンダルにも興味がわきます。出演者も小林薫さんや佐々木蔵之介さんなど、ベテランが多く、安心して見られます。大石静さん脚本のドラマは、人と人とのつながりが丁寧に描かれているので、このドラマの少し泣ける場面も期待しています。
20代女性
冬ドラマの知らなくていいことは、内容が面白そうなので期待できそうです。吉高由里子さん演じる主人公が何を知らなくて良いことなのか、もしかしたら主人公に限らずなのかもしれませんが。ちょっと先の見えなそうなストーリーなので見るのが楽しみです。主人公のお母さんに言われたあなたのお父さんはキアヌリーブス発言から、ドラマにキアヌリーブスが出演してくれたらなんて期待もあります。
30代女性
吉高由里子さん主演のドラマは面白いという信頼感もありますが、CMを見て「面白そう」と思えたのが視聴するチェックリストに入った一番の理由です。コミカルに社会問題を入れてくるドラマが好きなのでそれ系なのか、誰にでもおこりえるホラー系なのか、とそういった点でも期待しております。最初数話で切ってしまうようなドラマではないのだろうな、とも思います。
20代女性
まず、週刊誌記者が主役のドラマはなかなか珍しいので1つ目の見どころです。そして、ずっとシングルマザーで育ってきた彼女にとって自分の父親が有名なハリウッドスターだったというところから始まり、このあとのストーリーが全然想像がつかないのでわくわくします。最近のドラマでは、なんとなく最後の終わり方が予想できるものが多いですがこのドラマではそんなこともないので楽しみです。
40代男性
なんといっても吉高由里子さんに期待しています。記者役というのは見たことのないような気がするので、どんな感じで演じるのかが楽しみです。そして、社会の闇的な出来事もたくさん描かれると思うので、それをどういう感じで吉高由里子さんが暴いていくのかにも期待しています。父親がハリウッドスターというのも気になります。
50代女性
このドラマの主人公のケイトは、週刊誌の記者で母親と二人暮らしであり、母親の急死で自分の父親について、驚きの真実を知ってしまうストーリー。自分の父親がもし、テレビに出ているような有名人だったら、複雑だろうなと思います。嬉しいような本当なのかとか考えてしまうと思います。この役を吉高由里子さんがどのように演じてくれるのか、非常に期待しています。
 
月曜日のドラマ
絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜
やめるときも、すこやかなるときも
病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
100文字アイデアをドラマにした! 今夜はコの字で
火曜日のドラマ
恋はつづくよどこまでも
10の秘密
SEDAI WARS(セダイウォーズ)
水曜日のドラマ
DASADA
来世ではちゃんとします
僕はどこから
知らなくていいコト
木曜日のドラマ
ホームルーム
連続殺人鬼カエル男
ゆるキャン△
ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~
ケイジとケンジ所轄と地検の24時
アライブがん専門医のカルテ
金曜日のドラマ
大岡越前5
ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~
絶メシロード
コタキ兄弟と四苦八苦
女子高生の無駄づかい
病室で念仏を唱えないでください
駐在刑事シーズン2
土曜日のドラマ
悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜
心の傷を癒すということ
伝説のお母さん
この男は人生最大の過ちです
アリバイ崩し承ります
トップナイフ ―天才脳外科医の条件―
ハイポジ 1986年、二度目の青春。
大江戸スチームパンク
パパがも一度恋をした
日曜日のドラマ
麒麟がくる
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
テセウスの船
贋作男はつらいよ
その他のドラマ